ソーリーベイベー

一非常勤講師の覚え書きです。天津飯をこよなく愛しています。不定期更新です。

「実家の改装」2020.3.ありとあらゆる日

f:id:yoakenoandon:20200329234512j:plain
分かったことは壁紙はシールタイプよりのりをつけるタイプの方が圧倒的に仕上がりがキレイだということ。
ピシッとキレイに壁紙貼れた時はすごく気持ちいい。
じっくり、ゆっくり、自分の納得いくまでやれる仕事は幸せだ。全ての仕事がそうであればいいのに。


ちなみに今日も天井の修理やらされてた。漫画やら作品作りやら、やりたいことたくさんあるのでそろそろ勘弁して欲しい。

「ダイソンvs三菱」2020.3.15

f:id:yoakenoandon:20200319122336j:plain
勝ちっていうかむしろ圧勝。
なんかボクシングのタイトルマッチみたいなタイトルだな。

左の奴カッコと音だけいっちょ前で全然吸わない。コード付き並みに吸うと聞いて高い金出して買ったんだが目の前にある髪の毛を前に押したり後ろに引いたりするだけで全然吸わない。

いや遊んでんと君の目の前にあるそのゴミを吸うてくれ!みたいなことが頻繁に起こりすぎて今ではちゃんと掃除するときには嫁さんがもともと持ってた古いコード付きを使うようになった。掃除って気分もすっきりするはずなのに左の奴使ったときのフラストレーションのたまり方がえぐい。働いてるふりしてどこで油売っとったんや!てなる。

掃除機のゴミを捨てるシステムも昔ながらの紙パックの方が優秀。左の奴にたまったゴミを吐き出させようとすると周りも自分の手も汚れる。掃除機って何だっけ?とその概念を覆しかねないゴミ回収システム。フィルターを頻繁に掃除しなければうんともすんとも言わなくなるのも極めて腹立たしい。だだっ子かよ。

そんなわけで我が家に関して言えば右の圧勝。

お気に入りの文房具「ミドリ ブックバンドペンケース」

当方絵描きである。ほぼ毎日のように絵を描いてるのでもう絵描きと称しても問題なかろうと思っている次第である。

2年前、このブログを始めた時にはスケッチブックにちゃんと絵を描いていた。マルマンの一番オーソドックスなやつである。

f:id:yoakenoandon:20200318221205j:plain
これ。
しかし、色も塗らない大したことない絵なのにスケッチブックのような上等の紙を使うのはもったいないと思うようになり、クロッキー帳に描くようなった。これまたマルマンのオーソドックスなやつである。
f:id:yoakenoandon:20200318221246j:plain
これ。
クロッキー帳に3冊か4冊描いたところで今度は新たなクロッキー帳を買うのが面倒になった。それで手帳として使ってるノートに絵を描くようになった。

手帳として使ってるのはミドリという文具メーカーのA5サイズMDノートというシロモノである。

f:id:yoakenoandon:20200318221421j:plain
真っ白シンプルノート。無罫176ページ。MDcottonて刻印してあるけど何がcottonなんだろうか?
このノート、書き心地がよく、さらに糸で綴じてあってガバッと180度フラットに開く。そのためスキャンがとてもしやすい。製本の仕方が独特なのかどのページでもペタッとフラットに開くことができる。実に不思議である。あとしおり用のヒモがついているのも良い。
f:id:yoakenoandon:20200318222902j:plain
ガバッと180度開く。でもちぎれたりしない。良い。
普段はこのノートに印刷したマンスリーのカレンダーを貼ったり、一日の予定や日々思ったことのメモを取ったり、観た映画のチケットを貼り付けたりしている。そうして特に貼るものが増えてくるとノートが分厚くなってカバンに入れてると自然に開いてしまう。変に開いてページがグチャグチャになるのが嫌でこれまではノートにカバーをつけていた。
こういうカバー。チャックがついてて閉じることができる。
が、絵をこの手帳用ノートに描いてそれをスキャンするようになると、スキャンの度にいちいちカバーを外し、スキャンを終えたらまたカバーをつけるという手間がかかるようになった。実に面倒である。
それで、ノートが開かないようにゴムをかけることにした。

「本」「ゴム」「留める」などの用語で検索をかけてみると、なるほど本にかけるゴムはブックバンドというのか。今度は「手帳」「ブックバンド」で調べてみるとたくさんのブックバンドが出てきたのだが、その中に手帳と同じメーカーのミドリが作っているものが出てきた。
ページを開けてみると何やらかわった形をしている。というかブックバンドに何か余計なものがついている。
「いや、普通のブックバンドでええんやけどなぁ…」と一目見て思った。詳しく説明を読んでみるとブックバンドにペンケースをつけました、とのこと。

ふーんそうなんやぁ……。ぐらいの感じで普通のブックバンドは売ってないのかミドリのホームページ内を次々に物色してる最中にふと気付いた。

ブックバンドにペンケースついてるて、それメチャクチャ便利なんちゃうの??

手帳に何かを書きつける時一番面倒なのは筆箱からわざわざペンを出さなくてはならないことだ。手帳にペンを引っ掛けりゃいいじゃんという話もあるが、それだとカバンの中で他のモノに引っかかってペンが落ちてしまうことがあるのだ。そうすると落ちたペンを探さなければならないし、それが面倒だとなれば筆箱から新たにペンを出さなくてはならない。考えるだに寒気がするほどめんどくさい。そいつを何度も経験して僕はペンを手帳に引っ掛けるのをやめてしまった。

ブックバンドにペンケースがついてるとは僕の手帳に関する悩みを一挙に解決してくれる、まさに僕の欲するブックバンドそのものではないか!?
なぜか見た瞬間は分からなかったが、そのことに気付いた時にはAmazonでミドリブックバンドペンケースをポチっていた。色は4色ぐらいあったけど一番可愛い茶色をチョイスした。

白のノートにキャラメル色が激映え。
ペンケースには3本ぐらいペンが入れられて、さらに外のポケットにも1本入れられる。まあ、僕はシャーペン1本しか入れたことはないが。肝心のバンドはアジャスターがついていてA5~B6までサイズ調整できる。
f:id:yoakenoandon:20200318222405j:plain
裏面。アジャスターがついてる。今のところ緩む気配はない。
使い勝手は想像通り。便利が良い。これを考えた人間は天才だ。
久しぶりに気に入る文房具を見つけた。