ソーリーベイベー

一非常勤講師の覚え書きです。天津飯をこよなく愛しています。毎週月曜日21時更新です。その他のタイミングでも時々更新します。

3kmのジョギングやめて短距離始めました

運動のための3kmのジョギングをすっぱりやめようと思う。

30歳を超えてから徐々に太ってきたために、それからは3kmほどの距離を毎日、というわけではないが断続的に走るようにしてきた。結婚してからその習慣は途絶えてしまって、その結果体重が自己ベストを更新してしまい、これはまずいと最近再び走り始めたが何かこうしっくりこない。
そういえば結婚前に走っていた時も何か違うと感じていた。この違和感は何なのだろう?と少し考えてみた。
まず第一に長い距離を一人で走っても楽しくない。何故世の中にこんなにランニングしている人が多いのか不思議になるぐらい全く楽しくない。それに長い時間を取られるのも嫌だ。僕は風呂も短い。ダラダラするのは嫌いだ。しかもしんどい。いつも途中でやめたくなる。ただひたすらしんどい。
なんだかわがままのオンパレードみたいになってしまった。

そうか。何故こんな単純なことに気がつかなかったのだろう。
僕はもともと長距離走が嫌いだったのだ。

そういえば中学の時、血眼になって1.5km走のタイムを縮めさせようとし、さらに意味もなく5km、10kmのランニングを課すバスケ部の顧問を深く憎悪していた。
高校では、毎年マラソン大会があったが、全部欠席した。誰がそんなものに出るか。
さらに高校の時、肺に穴が開く病気(自然気胸)にかかって、再発を繰り返したため全身麻酔で肺の穴をホッチキスみたいなものでとめる手術までした。
すなわち肺に疾患がある。
そんなこともすっかり忘れて何をのんきにヘラヘラと走っていたのだ。世の中に流されおって!

しかし現状自分一人で何か運動を、と考えると走る以外にあまり手がない。それはやせるためであり、さらには自らの体を鍛えるためでもある。
世の中の多くのランナーも、別に走ることが好きではないし楽しくもないが、そういうわけで仕方なく走っているのかもしれない。
ただ、僕の場合走ることでそれほどやせられてないし、体が鍛えられてる気もしない。筋肉痛があったのも最初だけだ。これでは走る意味があんまりない。一番の違和感は「これ意味ねーだろ」と自分でわかっていながら走っていることだった。
じゃあもっと距離を伸ばすか、それとももっとペースを早めなくてはいけないんだろうか。
勘弁してくれ。僕はそこまでマゾじゃない。

いや、ちょっと待てよ。
そもそもの目的がやせることであり、体を鍛えることなら別に長距離でなくてもいいじゃないか。
短距離を全力で走れば長い距離をチンタラ走るぐらいの運動量が得られるのではないだろうか。
だって短距離の選手は皆いい体してるし。
ボルトは1マイルを一度も走ったことないって言ってるし。
別に僕は体が鍛えられれば持久力なんて必要ないと思ってるわけだし。
その体を鍛えるのも日常生活でより体を使いやすくするためで、走るという能力は日常使うかもしれないが、3km5km走る場面は僕の日常には存在しないわけだし。そんなんだったらタクシーか電車使うし。

ということで一昨々日から長距離(といってもたかだか3kmだけど)走るのをやめて短距離全力型に切り替えてみた。
正確な距離はわからないけど、一昨々日は軽いジョギングの後およそ150m(全力で約24秒)を2本走った。
たったそんだけかーい!と思われるかもしれないが、それっぽっちを全力で走るだけで脚がガクガクして生まれたてのバンビちゃんみたいになってしまったのだ。
で、その翌日筋肉痛に見舞われたのだが……

ナニコレスゴイ。スゴイ痛い。
子宮から顔を出して以来の衝撃が僕の脚を貫いている。
これだ。僕が求めてたのはこの圧倒的パンク感だったのだ。
全開のスピードで走るのもパンク。
稲妻の如き筋肉痛もパンク。

僕は脚の筋肉には絶対の信頼を置いているところがあって、その根拠は脚の筋肉がムキムキなのに上半身がブヨブヨしている人はあまり見たことがない、というところにある。お相撲さんはひとまずおいといて。
やせるためには上半身の筋肉を鍛えるのではなく、その土台となる下半身を鍛えた方がよいのではないだろうか。
『プリズナートレニング』の著者も上半身を馬鹿みたいにパンプアップさせてないで脚鍛えろ脚!て言ってたし。ふくらはぎは第二の心臓とか言われてるし。
その意味で長い距離のジョギングよりは短い距離のダッシュの方がやせるには効果的なのではないかと疑っている。
現に3kmのジョギングでは得られなかったえぐい筋肉痛がたった300mのダッシュで得られたわけだし。

まだ始めたところなので何もわからないが、しばらく続けて変化を見てみたい。ていうかもう長距離走りたくない。走りたくないってか、もう絶対3kmも走らない。だって楽しくないし、長いし、しんどい。
それに比べてスプリントは楽しい。こっちの方が僕の性に合っている。

なに?逃げてるんじゃないかって?
おいおいちょっと待ちなよ。結局スプリンター気質のものがステイヤーの真似事をしてもダメってことさ。

これからは武井壮を参考にスプリントのトレーニングを色々やってみよう。
今は長い距離を走るより、短い距離をできる限り速く駆け抜けたい。
今日ようやく一昨々日の筋肉痛が抜けた。前より速く走れるようになってるだろうか。
いつか全盛期の自分を超えられるだろうか。

僕はスプリンター。もっともっと速くなりたい。

f:id:yoakenoandon:20180408091342j:plain
動物界のスプリント王チーターを描いた。スプリント王チーターより速く、百獣の王武井壮より速く!また経過を報告する。