ソーリーベイベー

一非常勤講師の覚え書きです。天津飯をこよなく愛しています。毎週月曜日21時更新です。その他のタイミングでも時々更新します。

ブログ、Twitter、Instagramとの付き合い方

このブログを始めて1年と9ヶ月が経った。この間実は水面下でTwitterとInstagramも始め、ここで載せてる絵や文章を投稿したり投稿しなかったりしてきた。

フォロワー数は0に等しい数値からほとんど増減無く、しかしそれでもやっぱりイイネ!をもらえると嬉しいのでなんとなくそれを目的に、フォロワー数も増えたらいいなーなんて思いながらやってきた。

特にこの3ヶ月ぐらいはなるべく「映え」るように、漫画を中心に力を入れてきた。だけどイイネの数もフォロワー数も横ばいで(むしろ減った…)、もっと更新頻度を高めないといけないのか、やっぱり皆やってるように毎日更新ぐらいの勢いでやらなきゃいかんのか…、なんてことを考え始めた時にふと、SNSをしていて皆がとっくにぶち当たっているであろう疑問に初めて行き着いた。このあたり僕はどうにもズブい。人が当たり前やんけと思っていることに2、3周遅れで到達する。


例えば投稿に一生懸命になってイイネの数やフォロワー数がたくさん増えたとして、それが一体何になるんだろうか?有名になるんだろうか?お金がガッポガッポ入ってくるんだろうか?
僕の未来はそんな風にはならないと思った。仮になったとしてもそれほど嬉しくはない。

僕はそもそもイイネ!が欲しかったのか?フォロワー数を増やしたかったのか?
いやいやちょっと待ってくれ。そうじゃない。僕は児童小説にしろ漫画にしろ絵本にしろ「作品」が作りたかったのだ。僕にとってはそれが本筋で、ブログやTwitter、Instagramはあくまでおまけだったはずだ。

音楽を作らないでひたすらTwitterでつぶやくだけのミュージシャンがどこにいる?絵を描かないでただ映える写真をアップするだけの画家がどこに?
それはあくまで本業こなした上での余韻みたいなものだろう。

わずかばかりの虚栄心をエサに踊らされ、道を見失いおって、このうつけ者がっ!生兵法とはそちのことを言うのじゃっ!!

実際新美南吉賞に応募してから全然作品書いてないじゃん、君。絵本にも着手すると言いながら何もしてないし。着手するする詐欺じゃん。おかげで共同制作者であるはずの嫁さん暇そうじゃん。


僕にとってのブログやTwitterやInstagramは本当にやりたいことの副産物でおまけで、悪い言い方をすれば暇つぶしなんだ。心の安息所と言ってもいい。それはあくまで一時の安息を得る場所であって、そこに永住するわけではない。そこにずっといると心地いいけど、永住するには世界が狭すぎる。限界が低い。
旅を志す者がぬるま湯に浸かりっぱなしで、しかもその中で名声勝ち得ることを考えてどうするよ。その時点で骨抜きにされて頭おかしくなってんじゃねーか。

主と従をごっちゃにしてひっくり返してしまうと人生を過つ。僕の目的地はここではない。

そういうわけで僕はまた旅に出ることにする。旅に出て一旗上げりゃ、安息所でも大人気って、そういう寸法になってたらいいなーとか邪な気持ちも大いにある。すなわち、邪な旅に出る。


これから作品作りに再び励みますが、ここには今まで通り週一で必ず帰るようにします。すなわち、月曜日の、この時間に。邪な僕を待っててくれる酔狂な人もいるかもしれないから。

ブログだけは安息所でありながら基地でもあるような、そんな気がしている。